screenshot
0

『転位宇宙』(A・G・リドル)

「アトランティス・ジーン」シリーズ第三弾にして最終章。

これまではとがらっと雰囲気が変わる。第一弾では、SFではありながらも、アクション要素が強かった。「ミッション・インポッシブル」のような印象だ。しかし、途中から徐々にSF感が増してきて、最終巻に至っては宇宙間の戦争にまで話が広がっている。まるでGoogleマップの縮尺ゲージを徐々に上げていくような視点の転換だ。それでも「人間ドラマ」がきっちり残っているのはさすがと言うべきだろう。

シリーズ全体を通してみると、人類の歴史の歩みを人類の中で描写しながらも、人類のその先については人類の外に立ってそれを記述している。なかなかおもしろい書き方だ。中盤あたりで、「誰が誰だかよくわからなくなる」のが若干のネックだが、そこに目をつぶれば、よくできた物語であろう。

転位宇宙 アトランティス・ジーン (ハヤカワ文庫SF)
A・G・リドル 訳:友廣 純 [早川書房 2016]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です