WRM
1

WRM 2017/07/03 第351号

さて、WRM351号が配信されました。

冒頭の「はじめに」を公開しております。


6月28日に電子書籍の新刊が発売となりました。

◇タスク管理の用語集: BizArts 2nd | Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B073F8WKW4/

◇タスク管理の用語集 BizArts 2nd | 倉下忠憲 (ランディングページ)
http://ebook23.honkure.net/

ここ三ヶ月は、ずっとこの本にかかりきりでした。いろいろ苦労の多い本だったのです。

とりあえず、テーマ的には、「なぜこの本がなかったのか?」という絶妙なところを付いている本だと自負していますので、ご興味あればご覧ください。Kindle Unlimitedにも対応中です。

本作りについての話はまた本編でも触れますので、そちらもどうぞ。

〜〜〜上半期の終わり〜〜〜

気がつくと、2017年の上半期も終わってしまいました。ええっ、という感じです。まさしく光陰矢のごとし。

「月刊くらした」計画ZZは、今のところ無事進捗していますが、後の二冊、特に最後の一冊はかなり大がかりな本になる予定で、それを無事着地させられるのかが下半期の課題となるでしょう。これまでの二冊の本作りで、三ヶ月あればどこまでやれるのかが徐々にわかりつつあるので、それを加味した〈計画}を立てたいと思います。

あと、Twitterで、「#2017年上半期の本ベスト約10冊 」というハッシュタグを見つけたので、これもどこかで書いてみようと思います。

〜〜〜情報摂取とモチベーション〜〜〜

6月の最後の週は、ほぼ全タスクが新刊の推敲・校正作業に集中していました。

・Scrivenerでテキストを出力
・それをでんでんコンバーターでEPUB化
・iPadでそのファイルを読み、修正箇所確認
・Scrivenerのファイルに修正反映

これをひたすら繰り返します。頭から終わりまで細かく読んでいくのを五回、CSSの微妙なデザイン調整で五回と、合計十回ほど行ったでしょうか。機械的な部分については効率化できますが、「文章を読む」部分だけは、どうしても省力化できません。それこそが本の質にクリティカルに関わってくるからです。

ですので、使える作業時間はほぼ原稿読みに使っていたのですが、そうすると他のインプットが著しく減少します。これがもう見事に減少します。

普段は、ニコニコ動画やYouTubeでゲームプレイ動画を観たりしているのですが、この週はまったく観ませんでした。すると、どうなるか。

これが面白いくらいにゲームをしなくなります。ゲームをしなくなる、というか、「ゲームをやろう」という積極的な気持ちが湧いてこなくなります。

よくあるパターンとして、忙しい期間を抜けたら、「俺、これが終わったら、目一杯ゲームするんだ」という怪しげなフラグを立てたくなるものですが、今回は脱稿後も、一切ゲーム意欲が湧いてきませんでした。

これはつまり、普段情報摂取しているものによって、自分の関心が刺激されていることを示すのでしょう。

少し興味を持ってゲームをし始める→攻略情報やゲームプレイ動画をチェックするようになる→それにより関心が刺激されてさらにゲームをするようになる→以下繰り返し

というポジティブフィードバックが回っているのだと想像します。ここから二つのことが言えます。

・ユーザーをゲームに嵌り込ませたければ、攻略情報やプレイ動画が溢れかえるようにせよ
・自分が日常的に摂取している情報傾向によって、自分の関心傾向が形成されていることに注意を向けよ

前者はマーケティングの話なのでさておくとして、後者は日常的に大切な話です。Twitterでどんな人をフォローするのか、テレビでどんな番組を観るのかによって、自分の関心や行動が変わってくるのだと考えれば、その選択には慎重さが必要となるでしょう。

もちろん、自分が関心を持っているからこそそういう情報をチェックするのでしょうが、そのチェックによって関心が増幅してしまうことについては考慮しておいた方がよさそうです。

〜〜〜Q〜〜〜

さて、今週のQ(キュー)です。正解のない単なる問いかけなので、脳のウォーミングアップ代わりでも考えてみてください。

Q. よくよく考えたらそんなに興味はなかった、というものに嵌り込んだ経験はお持ちですか?

では、メルマガ本編をスタートしましょう。

今週も「考える」コンテンツをお楽しみくださいませ。

目次

――――――――――――――――
2017/07/03 第351号の目次
――――――――――――――――

○BizArt 3rd 「ルール1 裏ルール」
 タスク管理を掘り下げていく企画。連載のまとめに入っています。

○SS 「来訪者」
 読み切りのショートショートです。

○ノンマケマーケティング 「変化する状況」
 週替わり連載。今週はマーケターでない人向けのマーケティング話を。

○やがて悲しきインターネット 「ブログに残された希望」
 インターネット関係の話題について書きます。今回はブログについて。

○新刊の舞台裏 『タスク管理の用語集』
 新刊についての舞台裏話。

○アイデア・パターン 024 「最後に残るものは何か?」


メルマガにご興味ある方は、以下から詳細をどうぞ。

R-style » メルマガ

Tags:

One thought on “WRM 2017/07/03 第351号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です