screenshot
1

『タイムマシンを教えるために』(赤井五郎)

意欲的というか、遊び心の多い小説。

SFと言えばSFだし、ミステリと言えばミステリ。とは言え、どちらでもないというのが本当のところ。探偵物が抱える一つのジレンマ__探偵は事件が起きてからしか、それを解決できない__に挑戦している点には拍手を送りたい。おかげで状況設定は奇妙を通り越して、奇想天外なことになっているが、ストーリーはきちんと楽しめる。欲を言わせてもらえば、未来世界がもう少し未来感があった方が良かったかもしれない。

おそらくではあるが、著者の他の作品を読んでいるとより一層楽しめるだろう。

タイムマシンを教えるために
赤井五郎 [2017]

One thought on “『タイムマシンを教えるために』(赤井五郎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です