screenshot
0

『アクセル・ワールド21』(川原 礫)

とうとう白の王が出てくるのかと思いきや、前哨戦的展開。苦戦するチームと、そこからの脱却。ストレートな構図で一つの伏線が回収された。しかも絡み合う伏線である。この辺は長く続いているシリーズならではだろう。

本巻で登場する敵は、これまでとは違いいかにも「敵」という感じが強い。それが物語の佳境を感じさせる。それはそれとして、途中、いささかチートくさいやり方でダンジョンを攻略しているのだが、まあ、緊急事態だから仕方がないだろう。この辺り、若干話の運びがテンポアップしている印象はある。

本巻では、名前の書き方に少し変化があって、それはこの物語の先行きを示しているのでもあろう。

アクセル・ワールド21 -雪の妖精- (電撃文庫)
川原 礫 イラスト:HIMA [KADOKAWA 2016]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です