2017年8月15日の気になった記事

儲ける知性を休ませ、親切を――糸井重里に資本主義を聞く – Yahoo!ニュース

腕組みして「うん、うん」と言っている人はいくらでも増えました。特にインターネット上に。だけど使い物になりません。具体的に何かを生み出す人の価値はどんどん上がっています。

パソコンとインターネットによって、多くのことが簡単にできるようになりました。で、簡単なことしかできない人間も、ネットには多く存在しています。これはまあ、同じ話の裏表、ということなのでしょう。

アイデアを自由に広げること、何かについて意見したりコメントしたりすること。これらはとっても簡単です。それに比べれば、一冊の本を書き上げたり、雑誌を発行したり、小説投稿サイトで長編作品を連載したり、ということはぜんぜん簡単じゃありません。当人がその行為をどれだけ好きであっても、大きな苦労・沢山の手間・批判される覚悟が必要となります。

この差。この差が、とんでもなく大きいのです。

イベントを開催するのでも、ツールを作るのでも、その他なんだって構いません。断片から全体を形作る力とそのマネジメント。それがもたらす差異はほとんど残酷なまでに巨大で絶対的です。外に立って、安全な場所から、誰かを攻撃しているだけの人間には、残念ながら経験値は貯まりません。というか、自分のフィールドから外に出ようとしない人間には、どのような種類の経験値も得られないものです。

だから、そう。具体的に何かを作り出してみましょう。若い人ほど、その必要性は高いかもしれません。

ツール・ガジェット

Mathcha – Powerful Online Math Editor – Fast Inputting, Diagram Drawing, Easy Sharing

たすくまをとりあえずブログのネタ帳にしている私の悩み – 佐々木正悟のメンタルハック

Apple標準のメモ帳が結構便利だったからEvernoteと比較してみる | ごりゅご.com

ネット・メディア

知見を共有するプラットフォーム「COMEMO(コメモ)」β版スタート : 最新情報 | 日本経済新聞社

COMEMO

VALUはじめました。 | Hacks for Creative Life! – ライフハックで明日をちょっぴりクリエイティブに –

セルフマネジメント

我が家の旅行計画【私のプライベート・プランニング】| アシタノレシピ

パブリッシング

店主の雑駁: すべてが受注生産になる

デジタルが全てを破壊したフォントのはなし。 | PRETTZ MAGAZINE

書籍

書評ってどう書けばいいの?書評を始める前に「書評記事の書き方」倉下忠憲(著) – 趣味人.com

読み物

学者とマニア、右と左の「中間領域」から過去を問う 近現代史研究家・辻田真佐憲が「戦争」を書く理由 | 「戦争」を書く | 文春オンライン

『ニューロマンサー』からの30年。サイバーパンクは現実を先取りした|WIRED.jp

【ニュース】「ポストドクターから大学教員への道険しく、文部科学省調べ」(大学ジャーナルオンライン)~主に就職問題~ – 仲見満月の研究室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です