創刊号に1つ目のカスタマーレビューを頂きました

倉下忠憲

「かーそる」創刊号に、1つ目のカスタマーレビューを頂きました(amazonページ)。

screenshot
※amazonページ

ありがとうございます!

感謝のあまりフォントサイズが超Bigになってしまいました。まあ、それくらい嬉しいということです。もはや福音と言って良いレベル(やや誇張)。

なんというか、1つ目のレビューがつくまでの間って、テストの採点を待つ間の時間とか、ラブレターを手渡した後の時間とか、そういうのにちょっと似ているんですよね。まあ、ラブレターなんて渡したことないですけど。

人間というのは現金なもので、低いレビューだと「こんなの、気にしないし」と酸っぱいブドウ理論を発動させるのですが、こうして星が多いレビューを頂くと、一人でマイムマイムを踊り出すくらいには喜ぶのです。なかなか都合が良い脳神経です。

ともあれ、わりとびくびくしていたので、ちょっと一安心というところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です