BCCKSを使う 〜エディタの注意点〜

前回:BCCKSを使う 〜画像パネル〜

BCCKSのエディタは、簡単な操作で見栄えの良いEPUBと、プリンテッドなファイルを作成してくれるわけですが、その分、いくつか使えない要素があります。ページを構成する際には、その「使えない機能」について、ある程度理解しておいた方がよいでしょう。

たとえば、以下のようなことはできません。

  • ul、olタグの仕様
  • hrタグの仕様
  • 個別のHTMLタグへのCSSカスタマイズ
  • ページ内のCSSの設定
    • ページのマージンの自由設定
    • line-heightの自由設定
    • 文字サイズの自由設定
  • 独自のスタイルシートの割り当て

地味ながら痛いのがリストタグが使えないことです。小説で使われることはほとんどないでしょうが、実用書では頻繁に使用するので、これが使えないのはちょっと厳しいです。もちろん「・」(ナカグロ)と字下げを使えば、リストっぽくなりますが、HTML的に(つまり、EPUB的に)はあまり褒められたものではありません。

hrタグも、縦書きではあまり使わないでしょうが、横書きでは、ページデザインで結構使います。ダッシュなりハイフンなりを入れれば、それっぽい表現はできますが、「ページ幅ぴったり」とか「ページの半分でセンタリング」とかができないと、スマートフォンとタブレットで見え方がぜんぜん違うので苦労します。

その他、CSSを直接いじることは基本的にまったくできません。シートを当てることも、直にタグ内にstyle属性で指定することもできません。そもそも、タグの入力が受け付けられていないので、これは当然なのですが。

というわけで、一からデザインを組む場合に比べると制約は結構あります。まあ、それはトレードオフなので仕方がありませんが、リストタグはできれば実装して欲しいですし、hrタグも検討して欲しいところです。

1 件のコメント

  1. ピンバック: BCCKSを使う 〜プリントデータの作成の待ち時間〜 – Project:かーそる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です