BCCKSを使う 〜4種類のパネル〜

前回:BCCKSを使う 〜記事内のエディット〜

今回は、記事の中に追加できるパネルについて。

screenshot

パネル(panel)の追加は、右上のボタンをポチッとすれば可能です。ボタンの色とパネルの色が対応しているのでわかりやすいですね。

■本文パネル

本文を入れるためのパネル。長い原稿の場合は、6000字で区切った方がよいとのこと。一番よく使うパネルです。

●見出しパネル

見出し要素を入れるパネル。htmlタグで言えば、ヘッダー要素ですね。変わった本の作り方をしない限りは、ちょこちょこ出てくるパネルでしょう。

◇画像パネル

画像を追加するためのパネル。ファイル選択がドラッグでもアップロードが可能です。画像以外にも「キャプション」と「クレジット」が設定できます。

△余白パネル

余白をコントロールするためのパネル。改ページで活躍するはずです。

以上4種類のパネルを使って、紙面を構成していくことになります。それぞれのパネルについてはまた次回。

1 件のコメント

  1. ピンバック: BCCKSを使う 〜本文パネル〜 – Project:かーそる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です